インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

足立美術館 「寿立庵」

ここ何年か、ずっと行ってみたいと思い焦がれていた島根県安来市の足立美術館にとうとう足を運ぶことができました。

美術館を囲む庭園は、アメリカの日本庭園専門誌『Sukiya Living/The Journal of Japanese Gardening(ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング)』が実施する「日本庭園ランキング」で13年連続の1位を獲得しています。

足立美術館3


足立美術館1


横山大観の作品の多さに目を見張ります。また、絵画だけでなく、魯山人や河井寛次郎などの作品も。
こんなふうに、庭園を眺めながら、日本を代表する芸術家たちの素晴らしい作品を見られるとは、なんて贅沢なことでしょう。


そして何より楽しめたのは、お茶室。
桂離宮にある「松琴亭」の意匠を写して建てられた茶室で「寿立庵(じゅりゅうあん)」といいます。

足立美術館5

お抹茶とお茶菓子をいただけるのですが、案内のかたが歴史や数寄屋のあれこれについて説明してくださいました。


足立美術館7

こちらの掛け軸は、なんと伊達政宗の書だとか。
貴重なものを拝見して、テンションが上がります。


足立美術館8

一番小さな三畳台目のお茶室。
壁は聚楽塗りで、壁に塗りこんだ油が自然ににじんで黒くなってくるのだそうです。

足立美術館6

インテリアの仕事を始めて間もないころ、お世話になった建築家の先生に、素晴らしい茶室がつくれるようになったら一人前、と言われたことがありました。
私の母が茶道の先生をしていたこともあり、実家の和室には炉が切ってありましたが、茶室というには及ばない空間。
子供のころ、母に連れられてお茶会に足を運ぶたび、茶室が持つ独特な雰囲気に、なんとなく憧れました。

床の間、そして床柱をじっくりと選び、襖の唐紙を市松に貼り合わせたり、畳の縁にこだわったり。。。
さらに炉縁は、季節や行事によって使い分けるのも楽しみの一つです。


現在、私が仕事で本格的な茶室をつくる機会はありませんが、和室のデザインをするときには、この「和敬清寂」のコンセプトを大切にしています。


足立美術館4


庵を囲むお庭がまた、とても味わい深く、お茶をいただいているときに、ちょうど雨が降ってきました。
木々の緑がしっとりと映え、美しくて、その雨が神様からの贈り物のように感じられました。

この庭園の四季を楽しみに、また訪れたいと思います。


にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!

| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

CANADIAN PARK in Morioka

先週、盛岡に CANADIAN PARK がオープンしました。

岩手に拠点を置く住宅メーカーが、住宅展示場とオフィス、そしてレストランをつくりました。
その住宅展示場の内装デザインを担当させていただいたのですが、なんとも優雅な空間です。


3b.jpg

優しいグリーンの、塗り壁調のクロスを選定。
ホワイトの造作材が美しく映えて清々しい空間になりました。

18a.jpg


ダイニングキッチンとリビングはゆったりとつながっていますが、ゾーンをしっかりと区切るために、美しいコラムをシンメトリーに設置しました。
輸入住宅ならではの装飾。
同時に、床の素材も変えています。
ダイニング側には、ホワイトの光沢のある石目調のタイル。
壁にも一面に細かい柄のタイルを施して、なんともエレガントに仕上がりました。

12b.jpg


家具はフレンチカントリー調のシャビーシックなものを選び、少し柔らかい印象に。
エイジング加工が施してあるので、もう何年も大切に使い込んできたような雰囲気が出ています。
麻の目の粗いファブリックが、その使い込んだニュアンスをさらに演出してくれました。

19a.jpg


今回は、カーテンも、いろいろなスタイルを楽しんでいただけるよう趣向をこらしました。
セパレートカーテンにバイアステープで縁取りをしてもらうと、優しいだけではない引き締まった雰囲気になります。
同じく濃い色のパイピングを施したクッションとコーディネート。
キッチンはムースシェードでふんわりと優しい印象に。


輸入住宅に憧れる素敵な奥様たちに、たいへん気に入っていただいているようです。

東北方面にいらっしゃいましたら、ぜひ CANADIAN PARKにお立ち寄りくださいませ!!

次回はベッドルームなどご紹介します。お楽しみに。



にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!

| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

シンプルモダンの住宅展示場Ⅱ

シンプルモダンの住宅展示場、続編です。

先日、ホワイトとブルーを基調にしたシンプルで爽やかなリビングダイニングをご紹介しましたが、2階はプライベートスペース。


シンプルモダンインテリア1


主寝室には天井照明はつけず、ベッドヘッドの間接照明で灯りをとっています。
カーペットはふかふかで、とても気持ちいいのです。

シンプルモダンインテリア2

主寝室奥の書斎スペース。

ちょっと奥まっているので、主寝室まで灯りが届かないよう工夫されています。


シンプルモダンインテリア3


男の子のお部屋です。
ロフトがあり、傾斜天井の開放的な空間。
高い壁を利用して、ボルダリングができるようになっています。

私も登ってみましたが、けっこう筋肉が鍛えられそう。

子供はきっと、ロフトのはしごを使わずに、壁から登ってしまうかもしれませんね。



いろいろなテイストがありますが、やっぱりシンプルって気持ちいいなぁ、と感じた物件でした。




にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!


| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

名古屋城本丸御殿

先週、6月1日に満を持してオープンした名古屋城本丸御殿を拝観しました。

名古屋城は1930年(昭和5年)に国宝に指定されましたが、1945年(昭和20年)5月、空襲により天守閣、本丸御殿ともに焼失。その後、天守閣は1959年(昭和34年)に再建されましたが、本丸御殿もまた、残された資料を基に忠実に復元されました。

狩野派の絵師たちが描いた障壁画の美と色彩感覚を現代によみがえらせるため、平成4年から本格的な復元模写が進められたそうです。
忠実に復元するため、当時の絵師が使っていた素材や技法を用いているとのことで、その技術力にも感動します。


IMG_1449.jpg


IMG_1460.jpg


IMG_1458.jpg


IMG_1459.jpg


IMG_1464.jpg


名古屋らしい、ため息の出るような、なんとも華やかな御殿でした。


にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!





| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

シンプルモダンの住宅展示場

先日ご紹介した和モダンの展示場に続き、今回は同時にオープンしたシンプルモダンの展示場をご紹介します。

茨城の住宅メーカーNOBLE HOMEのコーディネーターさんとのコラボで、ディスプレイを担当させていただきました。



シンプルモダン展示場1

この展示場の中で、私が一番気に入っている場所、和室。
本当に心が和む空間です。


シンプルモダン展示場2

ホワイトとブルーですっきりとしたLDK。


シンプルモダン展示場3



吹抜けにポイントで3灯のペンダントライト。
高さのバランスが難しいのですが、とてもきれい!

空間としては、わりと無機質な色合いで、冷たい印象になりがちなところに、ナチュラルなテーブルとチェアが、バランスよくあたたかみを加えてくれています。


この展示場は、先日ご紹介した和モダンの展示場の隣に建てられていて、家族4人が暮らす住まいをイメージした2階建ての建物です。

それぞれ異なる年齢層やライフスタイルをこうして空間に置き換えると、まったく違うものができあがります。

一つとして同じ家はありません。
こんなふうに、家を建てる方々のライフスタイルが、ちゃんと形になりますように、今日も楽しくお仕事させていただいています。



にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!


| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。