FC2ブログ
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Positano,Amalfi Italy

旅が大好きな私は、いろいろな人の旅の話を聞くのが大好きです。行ったことのない土地の話にわくわくしたり、知っている場所も、人それぞれ素晴らしいと感じるところが違い、会話が弾みます。未知の国への想いを馳せ、いつか私も、と夢見たりしています。
先月発売された雑誌Penには、旅の達人に訊いた「世界でいちばん好きな場所。」という特集が組まれていて、思わず熟読してしまいました。
その中で、長い間、思い出せずにいた映画のタイトルが、ようやく判明したのです。

かれこれ15年も前の話になりますが、イタリアのアマルフィ地方にあるポジターノ(Positano)という街を訪れました。
去年、「アマルフィ」という地名は、織田裕二主演の日本映画で話題になり、広く知られるようになったと思いますが、そこを訪れることになったきっかけが、ある映画だったのです。ハリウッドのありがちな恋愛映画で、ストーリーはさほど印象にのこらなかったのに、そこに映し出されるイタリアの海岸の美しさと舞台になったホテルの素晴らしさに魅了されて、どうしても行ってみたくなりました。
当時はインターネットも今ほど発達していないし、それがどこの海岸かも分からないので、イタリアの観光局で調べてもらったのです。そして、その海岸がポシターノであること、映画の舞台になったホテルが“Le Sirenuse"という名の五つ星ホテルだと分かりました。
イタリアのミシュランを手に入れ、ホテルの場所などを確認し、直接電話をしましたが、到着予定日は満室、最初の数日は別のホテルを予約して、念願のアマルフィ旅行へと向かいました。
positano
日本からローマへ飛び、ローマからナポリ、さらにソレントへ列車の旅。そこからはローカルのバスで向かいます。バス停からはホテルの人にも手伝ってもらいながら、重いスーツケースを抱えて、断崖の急な階段を下りていくのです。
その海の美しさ、海岸の断崖に、建てられたホテルや住居の建物の景色は、息を呑む素晴らしさでした。

前述の雑誌Penの中で、このポジターノを小山薫堂さんが紹介していました。そして、やはり訪れたのは、その映画の影響が大きいと書かれていました。映画のタイトルは「オンリー・ユー」だということが、15年ぶりに判明したのです。いつかまた、この映画を観て、旅の想い出を振り返りたいなぁ。。 みなさんの旅のお話、訊きたいです。

| comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに

:No.35

2007年,ソレントの学会と時訪れたアマルフィの日記とへたな短歌です。聖美さんの文を読んで思い出しました。感じ伝わりますか?

5月11日(金)アマルフィ海岸ドライブ
 この日は会議をさぼって朝9時から,ガボーのレンタルカーで、ガボー,ルイーザ,それにデニスの奥さんマーサと4人でアマルフィ海岸を車で廻ることにした。ソレントの街で車を借りていよいよ出発。プライアーノ、アマルフィ、ポジターノ、ラヴェッロなど次々と。コバルトブルーの海の向こうに浮かぶカプリ島。絶壁の街、なぜこんな不便なところに人々はすむようになったのか.地中海の海洋都市国家としてのベニスなどとの共通性、結局サラセンの侵略楽脱の恐怖から逃げるため、だったように思える。ポジターノに降りて行く道路の入り口は、壁と壁の間のグラディオラス通りでたった50センチの間隔、そこの石段を50メートルくらい降りると海岸につく。そこのレストランで、ビールとレモンチェーロ、それにボローニャ風スパゲッティを食べた。


| やく | 2010/03/01 12:55 | URL |

編集

:No.37


602  車留め絶壁の彼方に目をやれば緑に包まれしカプリ島かな
604  ボート乗り穴をくぐれば神秘色青の洞窟 船頭の歌声
605  洞窟の青き光はいずこから漏れ来るのか空を沈めり

606  サラセンの攻撃避けて造られしアマルフィの街岸壁に張りつく
607  キラキラと光しものは魚影かな紺碧の海に色彩の妙
608  このあたり大粒のレモン育つのか甘味強烈レモンチェーロ
609  ポジターノの浜に下りし細い道グラジオラス通りと看板立てり


| やく | 2010/03/01 12:57 | URL |

編集

:No.38

きれいなところ:)
今は旅行病が治まっているところながらも、行ってみたいな、と思ってしまう。
映画「オンリー・ユー」見てみたいです。
でも15年もたって、その地について分かる事がある、というのが、素敵。
| 工房 間(すきま) | 2010/03/01 19:38 | URL |

:No.40

紀子ちゃん、コメントありがと!!
一緒に行ったスペイン、ポルトガルの旅のこと、サビールさんとの出会いとか、牛追い祭りとか、感動的だったよね。いつか書くね。
工房頑張ってるね! 応援してるよ~!
| muse-decor | 2010/03/02 08:49 | URL |

編集

やくさん、ありがとうございます :No.41

日記と短歌をありがとうございます。ポジターノ行かれたんですね。小山薫堂さんも書かれてましたが、あの辺は車で周るのがいいですよね。私も次回は車を借りて行きたいです。
それと、短歌は私もチャレンジしたいことの一つです。その際は、いろいろご指導くださいませ!
| muse-decor | 2010/03/02 08:55 | URL |

編集

:No.391

去年行きました。あの可愛らしい街や 斜面に建てられた家々の情景が なんとも言えなく美しくて 思い出すとジーンときます。イタリアは2度目だったのですが母が行ってみたいというので 母と訪れたのですが ここは恋愛の一番いい時期に愛する男性と行ったなら 心に強烈に焼き付いて 生涯回想し続けてしまうような気がします。車で道路を走りながら見降ろしたアマルフィの海岸線を見て 涙が出ました。
お仕事頑張ってくださいね! お返事とかは全くお気になさらないで大丈夫です!!!
| chiharru | 2011/11/22 06:11 | URL |










<




非公開コメント

トラックバックURL
| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。