インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

CANADIAN HOUSE in NATORI

久々の更新となりました。
毎日、暑い日が続いていますね。


今日は、宮城県名取市にオープンした展示場をご紹介します。

デザインのコンセプトをめぐり、営業のかたや設計の方の考えを、なかなか形にできず、時間がかかった物件ですが、最後はシンプルにすっきりと、美しい家ができました。


エントランス名取

エントランス。シャビーシックとカントリーを融合。
アイアンの黒がポイントです。

名取展示場6

エントランスホールから吹抜けを見上げると、なんとも開放的。
ホールのペンダントライトの位置や高さは、現場で職人さんに何度も調整をお願いしながら、ベストな位置を決めました。
室内窓は、主寝室のもの。

名取展示場12

2階の吹き抜けのホールから見下ろしたダイニングルーム。

ナチュラルで優しいイメージになりましたが、とても落ち着く空間です。


次回は、リビングなど1階を中心にご紹介します!


にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!

| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに

宮城 :No.743

吹き抜けってあるだけで開放感と高級感がある気がします。
岩手に住んでいるときは、とにかく寒くて寒冷地仕様のストーブでガンガン暖を取ってたかな。このお家にも北国仕様があるのでしょうか。

細部にこだわり、きっと今回も足で探した素敵な小物がいっぱいあるのでしょうね。
| 管理栄養おたぬき | 2016/07/26 22:34 | URL |

おたぬきさま :No.744

お返事がたいへん遅くなってしまいました。
ごめんなさい!
そうなんです。カナダ住宅なので、かなりの寒冷地仕様になっています。構造材がとにかくすごくがっちりと太く、断熱材もパンパンに入っていて、こんな吹抜けがあっても、冬、エアコン1台であたたかいのです。
住宅も進化していますね。
| | 2016/08/17 16:08 | URL |

編集









<




非公開コメント

トラックバックURL
| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。