インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

足立美術館 「寿立庵」

ここ何年か、ずっと行ってみたいと思い焦がれていた島根県安来市の足立美術館にとうとう足を運ぶことができました。

美術館を囲む庭園は、アメリカの日本庭園専門誌『Sukiya Living/The Journal of Japanese Gardening(ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング)』が実施する「日本庭園ランキング」で13年連続の1位を獲得しています。

足立美術館3


足立美術館1


横山大観の作品の多さに目を見張ります。また、絵画だけでなく、魯山人や河井寛次郎などの作品も。
こんなふうに、庭園を眺めながら、日本を代表する芸術家たちの素晴らしい作品を見られるとは、なんて贅沢なことでしょう。


そして何より楽しめたのは、お茶室。
桂離宮にある「松琴亭」の意匠を写して建てられた茶室で「寿立庵(じゅりゅうあん)」といいます。

足立美術館5

お抹茶とお茶菓子をいただけるのですが、案内のかたが歴史や数寄屋のあれこれについて説明してくださいました。


足立美術館7

こちらの掛け軸は、なんと伊達政宗の書だとか。
貴重なものを拝見して、テンションが上がります。


足立美術館8

一番小さな三畳台目のお茶室。
壁は聚楽塗りで、壁に塗りこんだ油が自然ににじんで黒くなってくるのだそうです。

足立美術館6

インテリアの仕事を始めて間もないころ、お世話になった建築家の先生に、素晴らしい茶室がつくれるようになったら一人前、と言われたことがありました。
私の母が茶道の先生をしていたこともあり、実家の和室には炉が切ってありましたが、茶室というには及ばない空間。
子供のころ、母に連れられてお茶会に足を運ぶたび、茶室が持つ独特な雰囲気に、なんとなく憧れました。

床の間、そして床柱をじっくりと選び、襖の唐紙を市松に貼り合わせたり、畳の縁にこだわったり。。。
さらに炉縁は、季節や行事によって使い分けるのも楽しみの一つです。


現在、私が仕事で本格的な茶室をつくる機会はありませんが、和室のデザインをするときには、この「和敬清寂」のコンセプトを大切にしています。


足立美術館4


庵を囲むお庭がまた、とても味わい深く、お茶をいただいているときに、ちょうど雨が降ってきました。
木々の緑がしっとりと映え、美しくて、その雨が神様からの贈り物のように感じられました。

この庭園の四季を楽しみに、また訪れたいと思います。


にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!

| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに

茶室 :No.736

お茶とは無縁の私だけど、お茶室と聞くと千利休を思い出し、秀吉の金の茶室が浮かんできます。俗物だなあ(^^;)

お客様をもてなす、という意味で限られた空間に限られたものだけでそれを表す。
外国の方が憧れるとしたらこういう点もあるのでしょうか。
しかし、生まれながら日本で育ち、それでいてお茶室は縁遠いとなると、詫びもサビも解っちゃいないってのがなんともトホホでございます(^^;)

この庭園、晴れてる日もいいですがしっとり雨で濡れてるのも素敵そうですね(^^)
| 管理栄養おたぬき | 2016/06/18 09:08 | URL |

おたぬきさま :No.738

昔から日本人は、少ないもので十分満足して生きてきたんだろうな、と思います。今、こんなにものが溢れていて、片付かなくて、私自身もそうですが、ものがない、少ない空間に身を置くと、とても清々しいです。
生活していく上で必要なものはたくさんありますが、持ちすぎるのはやめようと、また思いました。
わびさびって言葉は私も未だに理解できていないかもしれませんが、自分の生活に照らし合わせると、足りないくらいがココチよいということを利休さんが教えてくれてるのかな、なんて感じています。
| muse-decor | 2016/06/22 11:25 | URL |

編集









<




非公開コメント

トラックバックURL
| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP