インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

カナダ住宅視察・集合住宅編

カナダの住宅の視察は、戸建てやタウンハウスを中心に行ってきましたが、住宅をデザインする仕事に就いている私にとって、もう一つ、とても興味深い建物がありました。
かねてから、機会があれば絶対に見てみたいと思っていて、ようやく、その日が訪れました。

カナディアン建築センターに立ち寄った後、スタッフの方から住所と地図をもらって・・・


アビタ67
その名も、アビタ67。

建築家モシェ・サフディの作品で、1967年、モントリオールで開催された万博の一環として建てられました。
カナダ国立美術館やバンクーバー・ライブラリースクエアも彼の作品。
建築家の作品で日本でも話題になったのは、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズといったところでしょうか。。

彼の奇抜なアイデアはどこから出てくるのか。。。

アビタ67

私が生まれる前から存在するわけで、コンクリートは時間の経過をそれなりに映し出していますが、そのフォルムは、今も「斬新」の一言です。

普通に人が住んでいて、日常生活を送っているのが不思議なほど、近代的な印象です。

アビタ67サフディ
まるで、箱を積み上げたみたい。。

アビタ67内側

建物の下に入って見上げてみると、リアルに各住戸の大きさが感じられます。
シンプルで、直線的で、立体的で、不思議な世界に迷い込んだような錯覚に陥りました。

カナダ住宅視察の番外編でした。


にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!


| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。