インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Y邸オリジナル家具

個人のお宅のインテリアコーディネートは、いろいろな方からのご紹介でお受けするケースがほとんど。


私たちの仕事は、家の中に入って、住む方のライフスタイルに合わせた空間を創るというものなので、かなりプライバシーに立ち入ることになります。ですので、皆さん、かなり慎重にお考えです。


でも、お友達のおうちに遊びに行って、素敵な家具やカーテンなどを見かけると、わりと気になる方は多いようで、これはどこで買ったのか、どうしたら手に入るのか、など、興味深く尋ねているうちに、私にご連絡をいただくことになり、
そこからまた次のお友達へと、ご紹介の輪が広がっていきます。


お住まいのコーディネートを依頼される方は、インテリアにもともと興味があって、知識もそれなりにある方が多く、だからこそ、見たことのない家具やファブリックを見ると気になるのでは。。



これは、既にお持ちだったアルフレックスのダイニングテーブルにあうようなチェストを探して欲しいとのご依頼で作製したオリジナル家具。

ダイニング用TVチェスト


ダイニングルームに設置するものですが、テレビを置きDVDプレーヤーも設置できるようにとのご要望でしたので、コンソールとチェストが合体したようなスタイルになりました。


オークの突板と、スタイリッシュな取っ手がお客様のこだわりでした。
天然木の美しさが際立ち、重量感もあって、ナチュラルな素材ながら、かなりの存在感。



電話台


同じスタイルで電話代も作製。


カーテンも一緒に新調されたのですが、麻とシルク50%ずつで出来た素晴らしいファブリックを2色使った、こだわりのドレープ。写真では素材感が伝わらないのが残念ですが、麻のラフな感じと、シルクの光沢が実に美しく融合したファブリックで、手触りも最高です。

このカーテンは上下で違う色をはぎ合わせて使っています。今回は無地の色違いを合わせましたが、無地と柄物を合わせても個性的なカーテンに仕上がります。
ただし、使う生地の収縮率が同じくらいのものを合わせないと、お洗濯をしたときにバランスが崩れてしまいます。
それさえ気をつければ、組み合わせは無限大です。


「世界に一つ」。
やはり、お客様の期待以上の逸品をつくり上げるのはエキサイティングです!




にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!

| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに

オリジナル :No.671

この言葉は魔法ですね。
世界に1つ、こだわりが見える、それに答える力量。
やっぱオリジナルはすごいっ!

シルクと絹のカーテンってイメージがパンパンに膨らみます。
で、ビンボー人の私は、このカーテンは洗濯機で洗えないだろうなあなどと考える・・・ここからしてインテリア云々を語っちゃいけないと思っちゃいます(^^;)

ステキなインテリア繋がりの仲間に入れる日は来るのか?!
| 管理栄養おたぬき | 2014/03/22 02:33 | URL |

おたぬきさま :No.672

いつも楽しいコメントをありがとうございます。
インテリアって、お金をかけようと思うと際限がなく、建築も同じでしょうけれど、実際は、限られた予算の中でのやりくりです。。
ここで紹介するものは、「特別」なものが多く、特別だからこそ、ちょっと紹介したくなってしまいます。
でも、大半は普通のおうちの無難なインテリアだと思います。。ただ、そこにも絶対に住む人の個性が出るのが面白いです。
住むのが楽しくなる、落ち着く、ホッとする、遊び心がある、、、どんな感じも、住む人ありきで素敵ですよ~。
きっとおたぬきさんのお部屋も、あたたかくて一番和む場所になっていると思います!!
| muse-decor | 2014/03/26 17:01 | URL |

編集









<




非公開コメント

トラックバックURL
| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。