FC2ブログ
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

お気に入りの子供部屋

去年、たくさんの住宅展示場やモデルルーム、それに個人のお宅の改装などを手掛けさせていただいて、かかった時間は膨大で、それらがすべて私にとって最高にハッピーな時間だったな、と思い返しています。


自分がデザインしている空間ですから、どれもが愛おしいのですが、中でも、お気に入りの子供部屋がこちらです。


女の子のお部屋


住宅展示場の一室。4才の可愛い女の子のお部屋です。
階段を上がってベッドがあります。ベッドの下を収納にして、子供が自分でお洋服を選んだり、大切なおもちゃを飾ったりしまったりできるように工夫しました。


部屋の中に、また別の空間ができているので、ちょっと隠れ家みたいな感じで、ご両親に連れられて見学に来る小さなお客様たちが、ここを遊び場にしているそうです。


この部屋の天井高は2500です。標準よりわずかに高い程度ですが、部屋の中にロフト空間が実現可能です。
収納は子供くらいの身長に合わせているので、大人には少し使いづらいかもしれませんが、私自身が、こんな部屋に住みたいな、と思っています。

階段の下は本棚になっていて、ベッドの下も奥行きがあるので、6畳のお部屋にしては十分な収納を確保。


やっぱり戸建てっていいなぁ、といつも思います。

私自身、子供の頃に住んだ福岡、今も実家がある鎌倉、そしてロンドン、都内の4ヶ所で戸建てライフを送ってきました。

戸建てだと、お庭の手入れや設備のメンテナンスが大変ですし、ゴミの分別や町内の役員さんを引き受けたり、マンションに比べて雑事が多いのは否めません。それにセキュリティの面でも今ではマンションに軍配が上がるかもしれません。


それでも、この開放感や空間の立体感、フレキシビリティは最高に魅力的。



いつか、私も自分の希望の一戸建て住宅に住みたいな~。
都内で、広々とした一軒家はなかなか難しいと思うので、今はマンションライフを満喫しています。


子供も小さいし、セキュリティがしっかりしていることも重要です。
それに、働く母は、なんといっても時短、効率重視のライフスタイルになってしまいますね。。



今は、多くの住宅メーカーで共働きファミリーのためにいろいろな工夫が施された超効率住宅プランも用意されていて、それらは本当にママ目線で素晴らしい住まいになっています。



みなさんも、ぜひお近くの住宅展示場の足を運んでみてください。
家の建て替えだけでなく、生活のヒントをもらうだけでも、楽しいと思います。



今年も、すでに1件、住宅展示場のセットアップが完了しました。
それに2月に向けて、1件、最後の準備を進めています。



人々の暮らしが、毎日楽しくなるように、ハッピーな住まいづくりを今年もしっかりやっていきます。。




にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。
今日も一日ハッピーでいられますように!














| comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに

子供部屋 :No.655

カワユイ・・・!
私もこういう部屋で育ったら『お嬢様』になれたのかしら?父ちゃん、母ちゃん、恨むぜ(と、ここで父ちゃん母ちゃんという時点で無理ですね)

住む環境って人を作りますよね。
私は親の転勤であちこち住みましたが、そのどれもがボロッボロの家でねえ(笑)
母親がよく(良くない言葉かもしれませんが)「借家人根性」と称し、どこにでも釘や画鋲を使っていたのを思い出しました。
きっと、自分が建てたお気に入りの部屋だったら、無造作なことはしないのでしょう。

ものを大事にする心って、こういうところからも育つのかも・・・

いつもステキなお部屋の紹介、次もとっても楽しみです(^^)
| 管理栄養おたぬき | 2014/01/21 23:57 | URL |

管理人のみ閲覧できます :No.657

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/01/25 14:15 | |

おたぬきさま :No.658

私も転勤族の父のおかげで、いろいろな家に住みました。だから引越しにあまり抵抗がないのかもしれません。
私の場合は賃貸だと、退去のときに釘の穴などの補修で敷金からいろいろな費用が差し引かれるのが心配で、あまり画鋲とかも打てませんでした。
これも一種の「借家人根性」かも(笑)。

今は、釘とかフックとか、気にせず打ってます。自分である程度の補修ができるようになってきたので。

住む家で、子供の性格形成とかに変化があるのか、とっても興味があるし、こういう研究をしてみたいな、と思います。

私はわりと田舎暮らしも性にあっているのですが、それは、やはり、東京以外の土地で幼少期を過ごしたことが大きいかも。

でも、どこでも住めば都ですよね。
| muse-decor | 2014/01/30 14:36 | URL |

編集

Mへ :No.660

コメントありがとね。
これは完全にオリジナルで造ってるんだ。日本にはあまり素敵な子供用ユニット家具が入ってきていないよね。カジュアルなものだとFLEXAとかあるけど、やっぱり、オーダーか、規格のパーツを使ったセミオーダーを探してみるのもいいかも。
もし、オーダーで検討するようなら、いい家具屋さん、紹介します!
| muse-decor | 2014/02/02 22:20 | URL |

編集









<




非公開コメント

トラックバックURL
| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。