FC2ブログ
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ラファエロ展

週末、娘を連れてラファエロ展に行ってきました。

日本でこれだけの作品を見ることはなかなかできないと思うので、もっとラファエロの世界にどっぷり浸りたかったのですが、娘は30分もすると、「早く行こう」攻撃をしかけてきて、ちっとも集中させてくれません。。


娘が興味を持った絵については、子供にも伝わるように
解説すると、そのストーリーは面白く感じるようで、
聞き入っていますが、ラファエロを楽しむには、
まだまだ時間がかかるのでしょう。



娘が気に入った一枚。


_1.jpg



聖母マリアの慈愛に満ちた表情と、自分の母親を重ね合わせているのでは、との期待ははずれ、自宅の近くや駅などでラファエロ展のポスターをたびたび見かけたため、自分が知っている絵が美術館に展示されていたことが嬉しかったようです。


4才の娘と一緒では、ゆっくり芸術を鑑賞することはまだまだ無理だけど、たまにこうして自分の好きな絵を観たり、娘に素晴らしい作品を見る機会をつくってあげられたらいいな、と思います。




不忍池公園でついでにお花見を、と思ったら、思いのほか寒く、早々に引き上げたのですが、娘も私もやや風邪気味です。。
でも、桜の下で宴会をする人々の楽しそうな様子にご機嫌の娘。


春ってだけで、なんだか嬉しくなるのは大人も子供も同じみたいですね。
今日から4月。
気持ちよくスタート切れました。




にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。今日も一日ハッピーでいられますように!







| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに

:No.619

こんにちは。
私もラファエロ展に行ってきました。
いろいろ勉強させてもらいながら楽しく読ませていただきました。
日本で初めてラファエロ展ということで期待していきましたが、
初期から中期の作品までこれぞラファエロという美しい作品が来ていましたね
「大公の聖母」は初めて見ましたが、その瀬疎な美しさに心を奪われました。

私はラファエロの美術の変遷を整理しながら
ラファエロ展の名品について書いてみました。
よろしかったら、ぜひ一読してみてください。
ご感想、ご意見などどんなことでも結構ですから、
ブログにコメントなどをいただけると感謝致します。

| dezire | 2013/04/02 14:23 | URL |

編集

dezireさま :No.620

コメントありがとうございます。
dezireさんのブログ拝読いたしました。
昔、西洋美術史を学んだときのことを思い出しながら、その素晴らしさを再認識しました。
たいへん面白かったです。
また寄らせていただきたいと思います。
| muse-decor | 2013/04/03 05:10 | URL |

編集









<




非公開コメント

トラックバックURL
| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。