インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

ヘイフラワーとキルトシュー

最近、娘とハマっている映画があります。

「ヘイフラワーとキルトシュー」。


ヘイフラワーとキルトシューDVD



2002年にフィンランドで製作された映画で、日本では
2005年に公開されました。



娘が生まれてからしばらくして、なんだかとても観たくなり、DVDを買ったものの、育児と仕事で忙殺され、最近まで、一度も観ることがありませんでした。



娘の好きなディズニーのDVDやNHKの子供向けのもの、アニメの作品など、私も娘に付き合って観ることがありますが、繰り返し観るのは、ちょっと・・・
もちろん、娘は何度観ても、夢中ですけれど。



「ヘイフラワーとキルトシュー」は、フィンランドでは、女性の5人に1人が観たというくらい人気の映画。


なんといっても、二人の姉妹の可愛いことといったらありません。




ヘイフラワーとキルトシュー



ストーリーは、ありふれた日常を切り取った家族の姿をコミカルに描いたもの。そして、ちょっぴりファンタジー。




フィンランドといえば、マリメッコに代表される北欧デザインがあふれた国。

映画の中に登場するシーンのひとつひとつが、とても色彩に溢れていて、実に美しいのです。

インテリアはフィンランドそのもの。
明るくて、可愛くて、楽しくなる、そんな空間が広がっていて、インテリア好きにはたまりません。


それに、ママの服がどれも可愛くて、インテリアとも、うまくコーディネートされているのがスゴイです。
すべてのシーンが計算されつくしている。。。



ヘイフラワーとキルトシュー2




こんなふうに、可愛い洗濯物を干してあるシーンひとつをとっても、まるでインテリアの洋書を開いているみたい。


生活感がいっぱいのシーンなのに、なんでこんなに素敵で洗練されているんだろう。。


こんなにたくさんのビビッドな色を組み合わせているのに、どうして、ぜんぜん違和感がないんだろう。。


インテリアのヒントになるお手本がいっぱいの映画です。




ヘイフラワーとキルトシュー3





娘は、自分と同じ年恰好のキルトシューのハチャメチャぶりを夢中になって観ています。


これなら私も、娘と一緒に何度観ても楽しめます。





にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ

読んでくださってありがとうございます。今日も一日ハッピーでいられますように!


| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP