インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」のブログです。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2009年最後の日に

今年も1年があっという間に過ぎました。
こうしてフリーで仕事をしていると、なかなかプライベートと仕事の境目がはっきりせず、ただただ毎日が過ぎてゆきます。
今年はなんといっても、BIDA(英国インテリアデザイナー協会)のイギリス大使館のイベントに参加して、普段なかなか出会う機会のない素晴らしい人々と親交を深めることができ、自分もそのアソシエートメンバーになれたことが、大きな喜びでした。次のステップへと進む自信と原動力になりました。


そしてもう一つ、思い出深いのは、今年の3月に発売されたインテリアの本「暮らし上手のインテリア Cool Interior Life」に私のアトリエが紹介されたことです。
pie
陶芸家やフォトグラファーなど、クリエイティブな仕事をしている人の住まいを紹介した本で、私を含め15人のクリエイターの部屋が登場。それぞれの個性が溢れる空間が満載です。ただ美しく整っている部屋ではなく、そこからモノが生み出される、「エネルギー溢れる空間」という言葉がふさわしいでしょうか。。
私のアトリエは6ページにわたって掲載されています。もしご興味があれば、手にとってみてくださいね。


あらためて振り返ると、今年は育児と仕事が半々くらい。。
仕事の量をだいぶ減らしたおかげで、子供との時間を大切にしながら、生活者の視点に立って「住まい」「空間」について考える時間ができました。
私の仕事の7割は住宅のモデルルームやモデルハウスです。これまでも、ファミリー向けの住宅の商品企画にかかわったり、子供部屋の位置づけを考え、家族がコミュニケーションをとりやすい間取りなどをつくってきましたが、こうして子供を育てながら「子供のいる暮らし」の実践を積んできて、まだまだ配慮したいことや家族が快適に過ごすために必要なことがあることに気付かされます。
これから娘が成長する過程で、きっと住まいの役割やライフスタイルそのものが変化していくでしょう。いつでも生活者の視点を持って空間創りをしていきたいものです。
おもちゃ


今年1年、いろいろな方に支えられ、たくさんの新しい出会いにも恵まれ、無事に健康に1年を過ごすことができました。ありがとうございました。
皆様もどうぞよいお年を。

スポンサーサイト

| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| WRITES |
● 千葉 聖美
千葉 聖美
インテリアデザインアトリエ「MUSE DECOR(ミューズデコール)」主宰。
ロンドンのChelsea college of Art&DesignでインテリアデザインのDiplomaを取得。
 
→MUSE DECOR(ミューズデコール)のHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。